from ガーナ つぶやき

FUFUとかたつむり

2018年3月26日

今日もガーナバティックを染める一日。
庭の片隅で、ポンポンとFUFUをつく音が聞こえます。
FUFUというのはガーナの代表的な家庭料理。
二人で杵と臼を使ってキャッサバやヤムイモをモチモチになるまでつきます。
その姿は日本の餅つきそのもの。

エスタの家の一角。
周りにはココナッツやひょうたん、ニームやマンゴー、
覚えられない名前の食べ物が生えています。
作業の合間には獲れたてのココナッツやハイビスカスのジュース、
お昼前にはつきたてのFUFUとピーナッツスープ。

今日は、特におすすめの食材があるようです。
ゆっくり流れる時間とできたてのおもてなしに癒される。

 

できたてのFUFU、いただきまーす。

 

・・・・。ん?

 

なんか、目があう。

 

どどーん。

 

かたつむりくん。
今日のおすすめ食材は、目がぱっちりのかたつむりくんです。
草むらでとってきたんだから、と、誇らしげなエスタ。

味は、まぁまぁ、土のような味。

かたつむりくん、興味があればマーケットでも手に入ります。
15cmほどの巨体が生きたまま
アボカドのように山積みになっています。
みなさんも興味があればぜひ。

獲れたてココナッツジュースは最高に最高に美味しいよ。
これは本当。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください