from ガーナ つぶやき

ボルガバスケット青空教室

2017年7月4日

こんにちは。ガーナは雨季、朝晩は気温約25℃。寒さでヒートテックを愛用中です。

今回の青空教室、今度は私が生徒の番。首都アクラ中心部の道端。ボルガタンガ村出身のおじちゃんが2m四方の小屋に住みながら、バスケットを作ったり教えたりしています。笑顔が可愛いハッピーなおじちゃん先生。

空き地には準備された藁の匂いがぎっしり。ガーナのバスケットの素材は藁の仲間(エレファントグラス)なのです。

アフリカの西の土地で、日本とのささいな共通点は嬉しいもの。

 

そんなことを想いながら写真を撮っていると、奥で何かがごそごそする気配が・・・。

 

すごいフィット感。

 

 

saya hitomi

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください