About US

出会いのかけらが、届きますように。



モンゴル、ケニア、ガーナ、私たちはそれぞれの国で暮らしてきました。

私が初めてモンゴルの暮らしに出会ったのは2008年。首都にある大学のデザイン講師として、2年間のボランティア活動をしていました。日本の伝統暮らしが農家であるように、モンゴルの伝統暮らしは遊牧民。生徒たちの実家を訪れると、大草原の豊かな暮らしが広がっていました。壮大な自然の中で満足に暮らす遊牧民と、発展と喧騒の都会。隣あう二つの暮らしを見ながら、ふと、より良い暮らしについて考えていました。最小限のモノの中で満足に暮らす遊牧民の生活は '豊かな暮らし' そのもの。知恵と笑顔で生き抜くモンゴルの人のちょっと図太いたくましさも、その時は輝いて見えたのです。そこには「先進国」と「途上国」という言葉だけでは測れない、 '満足のカタチ' があるように感じました。

モンゴルとケニアとガーナ。気候も環境もまったく違うそれぞれの国ですが、 '満足のカタチ' は少し似ているような気がします。感じ方はそれぞれかもしれないけれど、私たちが出会ったカタチのかけらを届けたい。そんな想いで daladala. は生まれました。お届けするのは現地の職人とつくる daladala.の オリジナルやセレクト製品。伝統のものづくりには、それぞれの暮らしの土地柄やつくり手の人柄がにじみ出ているような気がするのです。  

あなたが手にするひとつひとつの製品の向こうには、十人十色のものがたりが広がっています。暮らしを支えるものづくりと共に、私たちの出会いのかけらが届きますように。 

daladala.

PROFILE

about us

SAYA HITOMI

兵庫県出身
2003年 - 京都嵯峨芸術大学卒業
2008年 - 青年海外協力隊に参加。モンゴルの大学でグラフィックデザインを指導する傍ら、遊牧民の暮らしと手仕事に出会う。
2011年 - 帰国後、daladalaとしてモンゴル製品のプロデュース、販売を始める。
2015年 - 正式にdaladala.開業。製品デザイン・グラフィック・Webデザイン・フォトグラフィも担当。
2016年 - 夫に着いてガーナに移住。ガーナの職人と繋がりを広げ、製品をつくりはじめる。
2019年 - 帰国
2020年 - ヒツジとカゴの店「daladala.ノイエ」を小さな長屋でオープン。

愛知県出身
2008年 - 青年海外協力隊に参加。ケニアの国立公園内に住み、自動車整備に従事。この時の敵はライオン。
2011年 - 国内にて国際協力事業に携わる
2016年 - ガーナにて国際協力事業に携わる。
2019年 - 帰国
2020年 - 新たな土地へ

**



メディア掲載

2014年 KELLY 4月号
2014年 MUNDI 3月号「MONO語り」→ 読む
2015年 毎日新聞 愛知版
2015年 The HUFFINGTON POST → 読む
2016年 『持続する情熱 青年海外協力隊50年の軌跡 – 完全保存版 -』
2016年 「国際協力キャリアガイド 2016~17―世界を目指す仕事と学びの進路ナビ Globalに生きる」