about us

私たちは、モンゴル、ケニア、ガーナ、
それぞれの国で生活してきました。
そこで出会ったのはたくましい生き方と、
きらきらした笑顔。
暮らしを支えるものづくりと共に、
私たちの出会いのかけらをお届けしていきます。

PROFILE

さや ひとみ

2008年ー2010年、モンゴルの首都ウランバートルにある大学でグラフィックデザインを指導。 モンゴル人の人間らしい人柄や遊牧民の最小限の暮らしぶり、遊牧民文化ならではの手仕事に出会う。この魅力を伝えるべく、帰国後には同年にケニアから帰国した現夫と協力してモンゴル・ケニアの手仕事製品を伝えるブランド「daladala」を始める。本人はもっぱらモンゴル愛好家のため、daladalaの活動はだいぶモンゴル推しである。現在はガーナに住み、ガーナの魅力を探求中。

2008年ー2010年、サバンナの大地が広がるケニアのツァボ国立公園内でサファリ専用の自動車整備を指導。ハト並みに群れるインパラやゾウに囲まれながら生活し、自分の家はマントヒヒの縄張りにされていた。自活力が乏しく、いつもご飯を作ってくれていた家族のようなケニアの人たちへの恩返しを思案中。 現在はガーナにて国際協力の仕事に勤しんでいる。

つぶ

どっしりとしたたたずまいで、日々オーナーの怠け癖を監視するヒョウモンリクガメ。 好きな食べ物は小松菜。国外輸送できず、ただいま日本で留守番中。